2005年04月09日

大手電化製品量販店に物申す

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

  情報起業を目指す人のための、情報満載!

〜売れる情報商材の探し方・売れる情報商材の作り方〜

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

情報起業を夢見る人たちへ。60日で情報商材を作り、100万円儲けさせます



 YA○○DA電気とかさ、いろいろと量販店あるでしょ。

DVDレコーダーが欲しいな

って思ってさ、探しに行くでしょ。


そうするとさ、意外と店員がいないわけ!

特に、こっちがいろいとと知りたい時に。

それで、その辺に歩いてる店員つかまえてさ、

いろいろと聞くでしょ。

そうすると、専門じゃない店員は適当なことをいうわけ。

さわったことも、使ったこともないのにさ!

こっちもしっかり調べて行ってるからさ、

正直、「あんたより、俺のほうが知ってるよ!」

って言いたくなる。

こういう場合、当然僕は、買う気が失せる。


 じゃあさ、こんなアイデアはどうだろう。

お店の中に、お客さんが自由に書けるノートとかおいてさ、

そこに、希望の商品と、何が知りたいか書いておく。

それをみた、店員は、専門家の手が空き次第、

「DVDをお探しの○○様」って

呼ぶのね。


客としては、一番知っている人に聞きたいわけでしょ。

さらに、使ったことのある、店員さんがきてくれたら

とっても頼もしいじゃん。

僕なら、買っちゃうだろうな。


さらにさ、そのノートってのは、

他のお客さんも見れるわけ。

お客さんってのはさ、

以外と商品のことをよく分からずに、

買いに来ることも多いでしょ。

そんなお客さんがノートをみればさ、

なるほど、○○の機能についても知りたいな、

店員に聞いてみるか。

ってなるわけじゃん。

そうしたら、お店としては、

お客さんの悩みとか、要望にこたえられるわけでしょ。

お客さんが、どんなことで悩んでいるのかが

わかるわけでしょ。

これ、一石二鳥じゃん。


量販店さんよ!!

早くこのシステムを導入してくれよ!




ただ今のランキングはこっち
   ↑ たぶん、300位くらいだろうな。



 ■情報起業家家のための成功への目次■


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/itiokunootoko/13785008
この記事へのコメント
んー客に時間があればいいけど・・・
それにオレなら何分待たされるか解らないから待たないかな。
直接店員に「これに詳しい人いる?」
って聞くのが早いんじゃないかな??
あと話を聞きたければ平日の昼過ぎですかね。
夕方は立地にもよりますが仕事帰り客がいたりします。
休日は店員も時間がなく簡素な案内になりがちです。
話して仲良くなれば安くもしてくれますよ☆
Posted by 某電気屋店員 at 2005年02月08日 03:03